12月18日 矯正相談(17)

7歳 女性

〇主訴

反対咬合が気になる(他院では、「様子を見ましょう」と言われました。

〇答え

舌が前に出ていて、それで反対咬合になっている。

原因(舌の位置)に対処していかないと、様子を見ていても自然には治らないです。

まず、舌のトレーニングを始めましょう。

パナシールドというマウスピース型の装置を入れて、舌を上に持ち上げる力をつけるようにしましょう。

ガムを噛んで、噛んだガムを上あごの裏側(口蓋)にくっつけてください。

これも、舌を上あごにくっつける習慣づくりになります。

まだ、7歳ですから、ちゃんとトレーニングをしていけば、噛み合わせもだいぶいい状態になるでしょう。

このまま、様子をみていると、お父様の反対咬合の遺伝的傾向もでてきますから、さらに重症化するおそれがあります。