立川のマタニティー歯科

立川のマタニティー歯科

〇立川のマタニティー歯科とは?
妊娠期のお母様、おなかのお子様の健康を歯科的分野から守っていく歯科のことです。

一般的に女性は妊娠、出産という体の変化により、歯や歯ぐきが弱くなる、といわれています。
実際に歯科治療をしていると、、重度のむし歯、歯周病は妊娠、出産期に進行しているケースが多いようです。
そして、妊娠期ということで、的確な対応がされていない状況もよく見られます。
さらに、出産後は赤ちゃんの事がまず第一で、さらに、お母様ご自身のお口の中のことは、後回しになってしまいがちです。

一方、赤ちゃんの歯もお母さんのおなかの中にいる時期に作られ始めます。

ですから、歯科的には、この妊娠期(マタニティー)の時期はお母様にも、生まれてくるお子様にも、見逃せない大事な時期なのです。

〇妊娠期の歯科治療は可能ですか?

では、この妊娠期に歯科治療は可能なのかどうか?

答えは“妊娠期の歯科治療は可能”です。
妊娠初期と後期の不安定な時期は出来るだけ避けて、個人差はありますが、比較的安定している5ヶ月~8ヶ月の時期であれば可能です。

そして、必要なむし歯治療、歯周病治療は行っておかなくてはなりません。
場合寄っては、出産に備えて親知らずを抜いておくことも必要になります。

さらに、歯周病になってしまっている場合は歯周病治療は必ず行っておかなければなりません。
重度の歯周病は赤ちゃんの発育と出産に悪影響を及ぼすことがわかってきたからです。

〇重度の歯周病は低体重児出産や早産のリスクが高まります!

これは、心配ですね。
歯周病のリスクは喫煙のリスクに相当するそうです。
歯周病の罹っていると血液中にサイトカインという情報伝達物質が大量に放出されます。
このサイトカインが分娩に関わる物質と共通のものが多く早産を誘発してしまいます。
ですから、歯周病治療は妊娠期には必須であるといえるでしょう。

〇近藤歯科クリニックの歯周病治療

一般に歯周病治療というと、ブラッシング指導と歯や歯ぐきの掃除(スケーリング、ルートプレー二ング)です。
しかし、実際に歯周病菌がいるかどうかを確認せずに、歯や歯ぐきの掃除をしても、歯周病は良くならないどころか、かえって細菌を歯周ポケットから血管に入れてしまい、悪化させてしまいます。

ですから、まず、歯周病菌の有無を確認し、それから細菌を減らして、歯周病治療を始めるのです。

当クリニックでは、位相差顕微鏡により、その場で歯周病菌の有無を確認することにしています。
歯周病菌が多い場合は、その場で出血させるような処置(スケーリング)をせずに、まず、植物性の歯みがき剤の効用と歯肉マッサージで
歯肉の血行を良くして、細菌を減らします。
そして、次回のアポイントで、位相差顕微鏡を見て、細菌が減ったのを確認して歯石をとったり、歯ぐきの掃除をすることにしています。

このように、妊娠期(マタニティー期)に最も必要な歯周病治療を安全に行うことが大切なのです。

〇近藤歯科クリニックのマタニティー歯科

歯周病治療はもちろん、他の歯科処置、むし歯治療、抜歯処置、矯正治療も安全第一で、無理をせず、局所麻酔もゆっくりと効かせて必要最小限で、さらに痛みを極力抑え、患者さんとの対話、コミュニケーション第一に進めてまいりますので、何でもお気軽にご相談ください。

また、妊娠期の歯科治療の際にはまず、立川妊婦歯科健診(検診)を受診されることをおすすめします。

〇立川市妊婦歯科健診とは?

立川市では、立川市歯科医師会の協力のもとに妊婦さんを対象としました「立川市妊婦歯科健康診査」を行っています。
妊娠中は、お口の中に変化が起こり、歯周病や虫歯になりやすくなります。

さらに、歯周病にかかっていますと、早産や低体重児の出産のリスクも高くなります。
健診の費用も無料ですから、早めに受診されてください。
(立川市歯科医師会会員ではない歯科医院もありますが、非会員の歯科医院では、この健診事業を行っておりません。)

〇妊婦歯科健診の重要性

妊娠期はつわり、ホルモンの変化により、お口の中の環境は悪くなります。
もともと、むし歯があった人はさらに進行、重篤化し、新たなむし歯も発生してきます。
歯周病にかかっていた人は重症化し、歯周病の進行とともに、低体重児出産、早産のリスクが高まってきます。
さらに、歯周病ではなかった人も、妊娠期に「妊娠性歯周炎」になって、それ以降、歯周病が慢性化してしまうケースもみられます。

一方、お母さんのお口の中の状態は、生まれてくる赤ちゃんへも影響を及ぼします。
赤ちゃんのむし歯菌、歯周病菌への感染は、ほとんどの場合、お母さんのお口の中の細菌が原因と言われています。

また,妊娠期の歯科治療は、妊娠期の特性を考慮し、無理せず、必要なことを行えば、通常の状態に近い処置が可能です。
かえって、お母様にとって、赤ちゃんのお世話で、出産後の方が、歯科治療を受診しにくくなっているのが現状です。

〇立川妊婦歯科健診の流れ

対象は立川市在住の妊婦さんです。

1.妊婦歯科健診の登録医療機関【(立川市歯科医師会会員)近藤歯科クリニックも会員です。】に連絡し、健診の予約を取ります。

2.健診当日は″母と子の保険バッグ”の中に同封されている、受診券母子健康手帳をお持ちのうえ、受診されてください。

3.医療機関で立川市妊婦歯科健康診査受診票をお渡ししますので、必要事項(住所、氏名、出産予定日など)、簡単なアンケート(お口の中で気になるところ、喫煙の有無など)に記入をお願いします。

4.健診(健診は妊娠期1回、安定期がおすすめです。)

5.応急処置、治療
妊婦歯科健診の場合、必要があれば、健診当日の歯科治療も可能です。
近藤歯科クリニックでは、その他に、位相差顕微鏡による歯周病菌の有無の検査も行っています。

〇妊婦歯科健診の内容

1.受信票記入

2.問診
受信票のアンケートを中心にお話を伺います。何でもお気軽にお尋ねください。
3.現在歯・喪失歯の状況
実際にお口の中を診させていただいて、歯の本数、健全歯数、処置歯数、未処置歯数、被せ物の状態などを記録します。
4.歯周組織の状態
歯ぐきの状態を歯ぐきからの出血の有無、歯周ポケットの深さなどの簡単な検査で、歯周病のなっているかどうか診てみます。
5.口腔清掃状態
歯みがきがよくできているかどうか、確認します。
6.その他の所見
歯並び、かみ合わせ、頬っぺたの粘膜の状態などをチェックします。

さらに、近藤歯科クリニックでは、位相差顕微鏡による、歯周病菌の有無の検査も行っています。

〇妊婦歯科健診後の歯科治療の内容

歯科健診後、必要があれば同日か後日、歯科治療を行います。
健診の結果、むし歯も無く、歯周病にもかかっていなくて、そのまま終了、という方も稀にはいらっしゃいますが、ほとんどの方は治療に進みます。

1.歯石除去(スケーリング)
一番多いのが歯ぐきの掃除、歯石除去です。ただ、いきなり歯石除去をするのではなく、当クリニックでは、患者さんの了解がとれれば、位相差顕微鏡で歯周病菌の有無を確認してから行います。
もし、歯周病菌が多い状態でスケーリングを行うと、かえって歯がしみるようになったり、歯ぐきが荒れて治りが遅れてしまうことがありますので、そのことをお話して、細菌検査をおすすめしています。
2.むし歯治療
軽度の場合はすぐに詰め物を型取りするか、その場で詰めています。
重度の場合は歯の神経をとって歯を抜かずに根の治療に進んでいきます。
いずれにしても、歯を削られるとき、痛い思いをすると、ご本人だけでなく、赤ちゃんにもよくない、ので、局所麻酔はしています。
その際、麻酔を痛くしないように気をつけることと、麻酔を時間をかけて効かせて、麻酔の量を出来る限り、少なくするように心がけています。
3.外科的処置
滅多にありませんが、抜歯や歯ぐきの切開など、その処置により痛み止めを飲まずに、早く回復することが予想されるのであれば行います。
妊娠期にとって、最もよくないのは、痛みを我慢したり、炎症症状を長引かせてしまうことですから、さっと処置を行い、痛み止めを飲まずに回復を待つというのがベストでしょう。