CATEGORY 矯正歯科治療について

矯正治療と日常生活

矯正治療と日常生活 「矯正治療をしていると、装置をつけているために日常、注意することがいくつかあります。以下挙げてみます。 小児矯正装置(取り外しが出来るタイプで床矯正型)の場合 ○取り外しが、自分でできますので、食事、…

乳歯(子どもの歯)の生え変わり

乳歯(子どもの歯)の生え変わり 生後半年ほどで生えてきた乳歯が6歳頃から抜け、いよいよ永久歯が生えてきます。永久歯への歯の生え変わりは成長過程として、お子さんも親御さんもうれしいものです。 ただし、乳歯が抜けてもなかなか…

小児矯正従来の矯正治療の違い

小児矯正と従来の矯正との違い 従来の矯正治療 歯を並べるということが、最優先であったため、成長発育させることよりも、歯を抜くことにより、歯が並ぶスペースをつくっていました。 成長期に歯を抜くと、顎骨の成長が妨げられ、歯並…

矯正治療と歯周病

矯正治療と歯周病 歯周病に罹っている人は矯正治療が可能でしょうか? 矯正治療は歯を支えている骨(歯槽骨)を部分的に溶かして、歯を動かす治 療です。そして、矯正治療中、最初はしっかりとしていた歯が治療が進 むにつれて、歯が…

小児矯正装置の手入れについて

小児矯正装置の手入れについて(床矯正研究会発行冊子より) 小児矯正装置(床装置)の汚れやすいところは ?ネジ 一番汚れが付きやすいのがでこぼこしているネジの部分です。 この部分に汚れがついたままにすると、汚れが固まって、…

矯正治療について

  近藤歯科クリニックの矯正治療 近藤歯科クリニックでは、子供たちの健全な成長発育を第一に考えております。したがって、矯正治療で大事な永久歯は抜かずに治療いたします。 歯並びには原因があります。その原因を考えて…

予防矯正について

予防矯正について 近年、予防歯科の重要性が浸透し、重症のむし歯により歯を抜かなくて はならないケースというのは少なくなってきました。 歯周病治療についても同様です。 矯正治療についてはどうでしょうか? 矯正治療も小児の成…

小児矯正と歯の形態異常

小児矯正と歯の形態異常 小児矯正をしていくときに、生え変わる永久歯の形態が矯正治療に影響を及ぼすことがあります。 ?巨大歯 まず、最も多いのが前歯の大きさが通常より大きいケースです。 上顎中切歯の幅の平均値は男の子で8….

矯正治療とインフォ―ムドコンセント

矯正治療とインフォ―ムドコンセント インフォームドコンセントとは、「医師が病状や治療方針をわかりやす く説明し、患者の同意を得ること」です。 矯正治療は治療期間も長く、治療費用もかかることから、“患者さんが矯 正治療の状…

不正咬合の種類

叢生(そうせい) 歯が何本か重なっている状態。前歯と奥歯で対処法が違います。 ■ 子供の場合、とくに小学校低学年でしたら、前歯に限定されますので、簡単に対処できます。拡大装置で歯列を拡大してあげれば、治ります。 ■ 大人…