CATEGORY コラム

小児矯正の特色

体にも、心にもやさしい治療法 健全な永久歯は抜きませんし、歯にかける矯正力も従来の固定式装置と比較してソフトです。 小学校低学年のお子さんにも、安心してすすめられます。 体の本来の健全な成長発育を引き出せます 今の子供た…

小児矯正と治療時のチェック

小児矯正と治療時のチェック 当クリニックの小児矯正は院長近藤と歯科スタッフのチームワークで成 り立っています。小児矯正も立川市だけでなく周辺の昭島市、国分寺市、日野市、小平市 などどんどん広がりを見せています。 やはり、…

矯正治療の難易度

矯正治療の難易度 一口に矯正治療と言っても、治療の難しさの程度はだいぶ差があります 。 以下は当クリニックで行う、永久歯を抜歯しない矯正(小児矯正、床矯 正)という方法での治療の難易度を考えたものです。 比較的簡単なケー…

噛み合わせと矯正

噛み合わせと矯正 『噛み合わせ』と言いますと、なにか難しいようなイメージがありますが、皆さんはいかがでしょうか? 噛み合わせが悪くて歯が悪くなる 噛み合わせが悪くて頭が痛くなる 噛み合わせが悪くて身体が悪くなる 上記のよ…

年代別歯並びの特徴

一般的に、矯正歯科は早く始めるほど、歯の萌出や骨格の成長に合わせて理想的な治療結果を得ることができます。 乳児期(0歳〜2歳) この時期がお子さんの歯並びに関して最も重要な時といえます。なぜならば、歯並びに最も影響を与え…

小児矯正と欠損歯

小児矯正と欠損歯 最近のお子さんのお口の中の変化として、“欠損歯”が挙げられます。 欠損歯とは、あるはずの永久歯がもともと生まれつき少ない状態のもの をいいます。そして、少ない部位はだいたい決まっていて、下の第二小 臼歯…

矯正治療はいつ終わるの?

矯正治療はいつ終わるの? 矯正治療をしていると、このようなご質問をよく、されます。 そこで、いくつかのケースに分けて、解説してみます。 1.第二大臼歯の萠出時期の問題 小児矯正の場合、矯正相談のときに、(小児矯正の終了は…

噛み合わせの治療

噛み合わせの治療 噛み合わせは成長発育や習慣によって、身体に影響して決まっていきます。 噛み合わせができあがる過程については「噛み合わせと矯正」をご覧ください。 “噛み合わせが悪い”というと、身体に重大な影響を与えるイメ…

小児矯正歯科とは?

子どもの歯並びの形成 お子様(小児)の歯並びは、遺伝的なもの(先天的)より、環境的のもの(後天的)なもので影響が出ることがほとんどです。 ですので、お子様の健全な歯並びにするには、日常の中で、歯並びに大切なことを事前によ…

小児矯正と過剰歯

小児矯正と過剰歯 “過剰歯”とは、通常の大人の歯より、余計にある歯のことです。 場所は大体上あごの正中(真ん中)にあることが多いです。1本の場合 もあれば、2本もぐっている場合もあります。 この場合もぐっている過剰歯とそ…