CATEGORY 子供の矯正

立川の子どもの矯正(小児矯正)

○立川の子どもの矯正 子どもの矯正治療と大人の矯正治療の最も大きな違いは? と聞かれましたら、私はこう答えます。 「子どもは成長発育しますが、大人には成長発育はありません。」 そうです、“成長発育”これが重要です! 立川…

小児矯正の特色

体にも、心にもやさしい治療法 健全な永久歯は抜きませんし、歯にかける矯正力も従来の固定式装置と比較してソフトです。 小学校低学年のお子さんにも、安心してすすめられます。 体の本来の健全な成長発育を引き出せます 今の子供た…

小児矯正歯科とは?

子どもの歯並びの形成 お子様(小児)の歯並びは、遺伝的なもの(先天的)より、環境的のもの(後天的)なもので影響が出ることがほとんどです。 ですので、お子様の健全な歯並びにするには、日常の中で、歯並びに大切なことを事前によ…

小児矯正と口呼吸

小児矯正と口呼吸 小児の口呼吸の原因は、 1.飲み込む時舌が出る(異常嚥下癖) 2.咽頭扁桃の増殖肥大(アデノイド) 3.口蓋扁桃の肥厚 4.鼻中隔湾曲症による鼻づまり 5.気道の狭窄 これらの原因で口呼吸となると、舌は…

小児矯正の必要性

お子様方のお口に変化が起こってきています! ○歯並びが悪くなってきています。 ○永久歯の数が少なくなってきています。 ○歯の生える場所も変化しています。 ○永久歯の生える時期も遅くなっています。 ○過剰歯といわれる通常よ…

小児矯正と食事

小児矯正と食事 近藤歯科クリニックの小児矯正は、原則取り外しの矯正装置(床装置) を使用していますので、特別に注意することはありません。 まず、生後4か月ころから、スティック状に切った野菜などから味を憶 えさせます。そし…

小児矯正と欠損歯

小児矯正と欠損歯 最近のお子さんのお口の中の変化として、“欠損歯”が挙げられます。 欠損歯とは、あるはずの永久歯がもともと生まれつき少ない状態のもの をいいます。そして、少ない部位はだいたい決まっていて、下の第二小 臼歯…

小児矯正と過剰歯

小児矯正と過剰歯 “過剰歯”とは、通常の大人の歯より、余計にある歯のことです。 場所は大体上あごの正中(真ん中)にあることが多いです。1本の場合 もあれば、2本もぐっている場合もあります。 この場合もぐっている過剰歯とそ…

小児矯正とお子さんの性格

小児矯正とお子さんの性格 実際に矯正治療をしていると、矯正治療に向いているお子さんとそうで ないお子さんがいらっしゃいます。 矯正治療に向いているお子さんは 1 素直である。 これが第一で、大人の言うことをちゃんと守って…

小児矯正と舌小帯

小児矯正と舌小帯 「舌小帯とは、舌の根元のヒダのことです。 舌小帯が短いと以下のような問題が生じます ?咀嚼・嚥下障害 ?発音障害 ?上あごの未発達 ?歯並び、噛み合わせの問題 舌は通常、飲んだり食べたりするときには、上…