CATEGORY 子供の歯並び

幼児の歯並び相談

    幼児の歯並び相談 最近、立川市の幼児歯科健診で、お母様方の一番多い疑問は「歯並び相談」です。 3歳児になりますと乳歯がほとんどのお子さんで全部生えそろい、歯並びの様子もだいぶはっきりとわかるようになりま…

歯並びの良い子どもにするには?

  歯並びの良い子どもにするには? 歯並びには遺伝的なものが大きいと従来は言われてきました。 しかし、それは従来の矯正の開始年齢が遅く、ある成長発育のピークを 過ぎてから始めていたためと思われます。 幼児期(3…

歯が重なって生えてきた!

歯が重なって生えてきた! 小学校入学も近くなり、まず、下の前歯が最初に生え変わりはじめます 。(一部のお子さんは永久歯の奥歯が生え始めます) そして、お母様方が乳歯の内側に(大きい)永久歯が生えてきたのを見 つけてびっく…

子どもの歯並びと舌の癖

子どもの歯並びと舌の癖 子どもの歯並びと“舌の状態”は密接な関係があります。 最近の矯正相談では、歯並びに問題のあるお子さんのほぼ70~80%のお子さん方に、舌の位置異常、または、舌の運動に問題が見られます。 舌は通常、…

子どもの歯並びと指しゃぶり

子どもの歯並びと指しゃぶり 指しゃぶりは生後2〜3カ月ころからよく、見られるようになります。 この頃は、口の感覚が最も周りの物を知る手段なので、何でも口に入れて確かめようとします。 この時期の乳児期の指しゃぶりは、反射的…

子どもの歯並びの最近の傾向

子どもの歯並びの最近の傾向 年代別にみますと ○2~5歳(子どもの歯=乳歯列期) 以前は5歳くらいになると、上の前歯の間に隙間できて“すきっ歯”のようになる状態が標準とされてきましたが、最近は滅多にみられなくなりました。…

“子どもの歯並び”って遺伝?

“子どもの歯並び”って遺伝? 歯並びは環境的なもの先天的(遺伝的)なものがあります。 歯並びは環境的なもの先天的(遺伝的)なものがあります。 遺伝的のものが多く出てくるのは、第2次成長(9~15歳)以降です。 ですから、…

子どもの歯並びと噛み合わせ

子どもの歯並びと噛み合わせ ◎歯並び、噛み合わせは結果です。 歯並びと噛み合わせは密接な関係があります。まず、歯が生えて歯並びが決まって、食べ物を噛んで、機能させて、噛み合わせも決まってくるのです。ただし、歯並び、噛み合…

子どもの歯並びの年齢的変化

子どもの歯並びの年齢的変化 ○0~2歳まで 最初に下の前歯が生えてきます。早いお子さんは生後3か月から。 そして乳歯が前歯から順番に4本生えてきます。記号で言えばABCD 生える順番は下の歯次に上の歯というようにA⇒B⇒…

子どもの歯並びと歯ぎしりについて

子どもの歯並びと歯ぎしりについて 乳歯列期(幼児期)と永久歯の生え始めた時期(学童期)と分けて考えてみます。 乳歯列期(幼児期) まず、乳歯の特性として、歯がすり減りやすいという性質があります。 しかし、すり減ってもいず…